府中の森公園がリニューアルで楽しさ倍増!子供に人気の遊具4つを紹介!

お出かけ

子どもが生まれてから、公園へ遊びに行くことが多くなりました。
私が住んでいる地域にはたくさんの公園があります。
今回は、最近リニューアルオープンした“府中の森公園”をご紹介いたします!

府中の森公園とは?

府中の森公園は、東京都府中市にある緑豊かな公園です。
京王線「東府中駅」から徒歩10分、車の場合は有料の駐車場があります。

平日は、ウォーキングや犬の散歩、楽器の練習などをしている人が多く、穏やかの時間が流れています。
私も妊娠中、ウォーキングするために頻繁に訪れていました。
休日は家族連れで大賑わい!
広い芝生があるのでテントを持参してくつろいだり、ピクニックを楽しんだりと過ごし方は人それぞれです。
最近の我が家は、5歳児の自転車練習、3歳児のどんぐり集め、0歳児の日光浴で訪れています。

リニューアル後は以前に増して大賑わい!

10月2日に、遊具広場がリニューアルオープンした府中の森公園。
我が家も早速、遊びに行ってきました♪
リニューアルしてから1週間後に行きましたが、休日ということもあり、とても賑わっていました!

どんな遊具があるの?小さい子供も楽しめる?

府中の森公園には、幼稚園入園前の小さな子から小学生まで、幅広い年齢層が楽しめるよう様々な遊具があります。
まずは新しく出来た注目の遊具をご紹介!

■アドベンチャーキャッスル


リニューアル前は「ターザンロープ」や「揺ら揺ら丸太」など、難易度の高い遊具がありましたが、小さな子が遊べるアドベンチャーキャッスルが誕生しました!
我が家の3歳児も、大喜びで走り回り楽しんでいました♪
小さい子向けのボルダリングやロープ橋などが盛り込まれているので、十分に楽しめます。
周囲にはベンチがたくさんあるので、休憩も出来ます。

■ブランコ
以前はいわゆる普通のブランコしかなかったエリアに、新しく2種類が仲間入り!


↑ こちらのブランコは、バーがあり体がしっかりホールドされるので小さい子も思いきり乗れて楽しいタイプ。
この日は長蛇の列で15分ほど待ちました。
「混雑時は、20回漕いだら次のお友達と交代」というルールがあります。
(平日の午前中は、比較的すいています)


↑ こちらのブランコは、一度に2〜3人乗れるタイプ。
我が家も兄妹で楽しみました♪

■トランポリン


こちらのエリアは以前、平均台などの遊具がありましたがマシュマロ君というトランポリンに生まれ変わりました!
写真手前のマシュマロ君は、小さい子も楽しめるような設計になっています。
奥のマシュマロ君は大きめで、一度に8人まで遊ぶことができます。

マシュマロ君も大人気。
「1人100回飛んだら交代」というルールのもと、運営されています。
我が家の子どもたちも数を数えながらジャンプ!
小さい子にとっては、数を数える練習にもなりますね。

■コースター


リニューアル前から大人気だったコースターは以前と同じ位置にありました。


コースターへ向かう入口はボルダリングになっているので、登りがいがあります。
半年前までは、このボルダリングを登れなかった3歳児が1人ですいすい登れるようになっており成長を感じました。


↑ コースターを反対側から見た写真です。
オレンジ色の滑り台は内部が広い造りになっているので、2人同時に滑ることが可能。
我が家も、兄の膝に妹が座るスタイルで滑っています。

その他、園内施設をご紹介!

府中の森公園は敷地が広く、遊具広場意外にも楽しめるスポットがたくさん!


↑ 大きな噴水や池があり、気持ち良い。
カルガモの親子に遭遇することも。


↑ 夏には水遊びが出来る「じゃぶじゃぶ池」が開放されています。
我が家では、水遊び後に売店でアイスクリームを買って食べるのが毎年恒例です。


↑ 日本庭園もあり、池には鯉やカメがいます。
冬には梅の花を見ることが出来ます。

まとめ

府中の森公園は地域の人気スポットです。
遠方から車で来る人もいるほど。
電車の場合は、最寄駅から公園へ向かう途中に美味しいパン屋さんがあるので、パンを買って公園でピクニックするのも楽しいですね。
周辺には「府中市美術館」、「府中の森芸術劇場」などの施設もあります。
府中市へ来る機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました